アルバイトを始める上で知りたいマナー

人間関係を円滑にするために欠かせない事と言えば、マナーが挙げられます。例え自分に悪意がなかったとしても、礼を失した行動をとれば人に嫌われてしまいますので、最低限のマナーを身につけておくようにしましょう。

最も大切なポイントは、上司との関係性です。新しいアルバイト先に入った場合、上司は「さん」付けでなく必ず役職名を付けて呼ぶようにしましょう。マネージャーであれば名前の後に「マネージャー」と付けて呼ぶのです。他にもエレベーター内の順番や席次にもマナーが存在しています。目上の人に対して優先しなければいけない「場所」が存在していますので、必ず確認するようにしましょう。万が一、飲み会の席などで自分が上座に座ってしまった場合は注意されてしまいます。

他にも職場で最も気を付けたいマナーと言えば服装が挙げられます。特に飲食関係のお店でアルバイトする場合、服装はお客様に対しても大切なポイントになるのです。ホワイトカラーの職場にラフな服装で出勤した場合、非難される事もありますので危険です。また何より避けたいのが、不潔な服装でアルバイト先に赴く事です。特に衛生環境が重視される職場であれば、そのような服装からトラブルが生まれる事もあるでしょう。接客が必要な場合、お店のイメージも悪くなってしまいます。接客するような場合には、できるだけ襟の付いた服を着用してシャツは必ずパンツやスカートの中に入れるようにしましょう。