接客サービスで大切になる意識

アルバイトをする上では、なにか大きな失敗をして辞めさせられてしまうのではないかということを懸念する人もしばしばいます。正社員ではないとはいえ、その仕事場にいる重要な構成員の一人であることから、些細なミスであっても重大な不利益につながるようなことをすると解雇のリスクがあるということは否めないでしょう。しかし、実際にアルバイトをしていて解雇されるというようなケースは極めて稀であり、そもそもその現場にそぐわない人であったということがなければ問題ないと思って差し支えありません。

唯一例外となるのが接客サービスを中心とする仕事を選んだ場合です。接客サービスにおいてはお客様を第一に考えなければならず、そのサービスを受けに再訪してくれるように努めることが重要になります。そのため、お客様を不快にさせてしまうようなことをしてしまうと、そのお店にとって大きな不利益となります。

それが些細なミスであれば一度や二度は見逃してもらえるでしょう。しかし、そもそもマナーがなっていないという状況ともなると、雇用する側も解雇せざるを得ない状況に立たされてしまうのです。一度研修などで教育したアルバイトを解雇するというのは雇用者側にとっても不利益なことになるため、マナーが悪くても改善の見込みがあれば辞めさせるということはないでしょう。しかし、その意志すら見られないような人の場合には、雇用者側も諦めるという選択をすることになってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です