学生のアルバイトの目的

高校生や大学生がアルバイトをする目的というと、遊ぶためのお金を稼ぎたいというのが最も一般的なものでしょう。もう少し現実的な人もいて、生活費や学費を稼ぐことが目的であるという人もいます。概して学生が働きたいと考えるときには、その対価としてもらえる給料が目的であるということは否めないでしょう。

しかし、アルバイトをするというのは社会に出て、社会人として働くというのにほぼ等しく、それを通して多くのことを自然に学んでいます。本人がそれに気づいている場合もあれば、そうでない場合もあるでしょう。しかし、仕事場で経験的に学んできたことが後々の就職活動や、就職後の職場での仕事に大きな影響を及ぼしているということはよくあります。

そういったものの中の最たるものが、多くの異なる人たちがいる中で持たなければならないマナーです。仕事先には同じ様な学生の身分の人もいれば、上司にあたる正社員の人も、主婦をしているパートの人もいるでしょう。そういった人たちとどういったスタンスで付き合っていけばよいかということを知らず知らずのうちに学んでいるのです。

そして、仕事が接客を伴うものであれば、会社に勤める人の立場から顧客に対して持たななければならないマナーを現場で体得することができるでしょう。接客が中心となる仕事であれば、そのあり方の基本を直接教わることもできるはずです。そうやって身に付けられる社会でのマナーを目的として、アルバイトをするのも賢明な考え方でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です