アルバイト初日のマナー

所詮アルバイトだからと高を括らず、守るべきマナーはしっかりと守っていかなければなりません。とりわけ何事も最初が肝心であり、アルバイトの初日にどのような態度を示すかで、その後の職場における仲間との関係も大きく変わってくることがあったりします。

まず、しっかりと挨拶をすることを心がけなければなりません。挨拶はマナーの基本中の基本であり、これができないと良識を疑われることにもなりかねません。会った人には必ず挨拶をするように心がけ、挨拶も元気よくはっきりとした声でするのが基本です。

もちろん、挨拶以前の問題として、遅刻をしないように重々注意しておく必要があります。アルバイト初日の出勤時間は、出来るだけ余裕をもって計画を立てておいた方が良いかもしれません。間違っても遅刻してはならないので、10分前くらいには現場にいるということがマナーとなります。しかも初日は、自分の着替えの場所を確認するなどやることが多く、また聞かなければわからないことも多いため、時間に余裕を持って行動しないと、勤務時間に間に合わないなどということにもなりかねません。事故や自然災害などのやむを得ない事情で遅刻しそうな場合には、出来るだけ早くアルバイト先に連絡をするようにしましょう。

何よりも第一印象が大事ですから、相手に良い印象を与えることができる、きっちりとした服装をしていくということも大切です。どんな服装をしていけばよいかわからないなどというときは、事前にしっかりと伺っておくことも必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です